やっぱりクラシック

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・クラシックスのお勧めばかり集めて楽しんでみました。といっても全部ですけどね。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

愛の島 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
フランチェスカ・ドルリーは、その輝くような美しさゆえに、たびたび義兄の会社のため、客をもてなすホステス役を務めさせられてきた。義兄はフランチェスカを“我が社の秘密兵器”と呼び、ドレス・アップさせて顧客とのディナーやパーティーに連れ回す。両親の死後、ずっと面倒を見てくれた義兄でも、もう我慢できない。だが、そんな彼女の気持は、義兄に連れていかれたカジノでまた無視された。義兄は賭に負けた代償にフランチェスカをさし出したのだ。危険な魅力を持つ男、マクシミリアン・ドネリに。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
マートン,サンドラ
アメリカの作家。少女のころから書くことが大好きで、早くからラヴ・ストーリーを書いていた。ロマンス作家としてのデビューは1986年。その後次々と作品を発表している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

情熱に気をつけて (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
二十一年前の夏、十六歳だったケイト・シートンは、コーンウォールの伯母の家を訪れ、そこで出会った青年ジョスと激しい恋に落ちた。十九歳と偽ってジョスと結ばれたものの、彼に妻子がいることを知らされ、その恋は無残に終わった。両親の家に戻った彼女を待っていたのは妊娠という現実だった。やがて生まれた娘も今や美しく聡明な女性に成長し、花嫁になる日を迎えた。式の当日、ケイトに紹介された新郎の親戚は思いがけない人だった。ジョス、二度と会うことはあるまいと思っていた…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ジョーダン,ペニー
チェシャーに住む主婦作家。学生時代からレジャーにはスポーツより読書を選ぶタイプでハーレクインの前身ミルズ&ブーンのロマンスを愛読していた。結婚後もしばらく大手銀行で働いていたが、現在は家庭で執筆に励む毎日(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

カリブの王国 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
出産直後に手放した我が子の顔を一目見たい。ヴィクトリアは一週間の予定でプエルトリコに旅立った。けれど手元には養父となった男性の顔写真と勤め先の住所しかない。彼の名前はL.R.キャンベル、頭髪の薄い、人のよさそうな中年紳士だ。こっそり自宅を捜し出して、子供が幸せかどうか確かめるだけでいい。ところが、そこは素人探偵のかなしさで、勤め先では警備員とおぼしき男と押し問答のすえ、追い払われるし、翌日、尾行に成功したかと思えば、目の前で逃げられる。おまけに、つい気を抜いて事故に遭い、怪我までする始末。そして、助けに現れた男は…昨日の警備員じゃないの―。

内容(「MARC」データベースより)
出産直後に手放した我が子の顔を一目見たい。ヴィクトリアは1週間の予定でプエルトリコに旅立った。手元には養父となった男性の顔写真と勤め先の住所しかない。その勤め先では警備員とおぼしき男に追い払われてしまい…。

好きでもないのに (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ジャシーは駆け出しの女優。有名になるためには手段を選ばない仲間を横目に実力で成功しようと固く決意している。けれども、ここ何カ月か仕事にありつけず、生活費を稼ぐために以前とった資格を生かして秘書のアルバイトをすることになった。紹介された仕事先は人気俳優、リー・ベネディクトのオフィス。ふつうならば、すばらしい幸運のはずだけれどジャシーにはリーに会いたくない特別の事情があった。とはいえお金も仕事もない今の状況では、選択の余地はない。あれから二年、リーはジャシーのことをおぼえているだろうか。

内容(「MARC」データベースより)
ジャシーは駆け出しの女優だが、仕事にありつけず、生活費を稼ぐために秘書のアルバイトをすることになった。紹介された仕事先は人気俳優、リー・ベネディクトのオフィス。ジャシーにはリーに会いたくない事情があるのだが…。

愛しい人と眠る夜 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
キャロラインはナニーとして二年間、エイムズベリー家で働いた。しかし、それももう終わり。一家が引っ越すことになったためだ。あと数週間で彼女には仕事も、住むところもなくなる。そんなとき、新しい仕事の話が舞い込んだ。ある裕福な実業家がすぐに仕事につけるナニーを探しているという。だが相手の名をきき、彼女は呆然とした―マシュー・キャラン。数年前憎しみと軽蔑に満ちあふれた顔で、別れを告げられた相手だ。そしてナニーが必要な子供は、キャロライン自身の娘に違いない。産んでから一度も、この腕に抱くことさえできなかった娘。娘の顔が見たい。キャロラインの心は揺れる。今の彼女は名前も変え、整形手術をしたため見かけは別人のようだ。きっとマシューにはわからない。キャロラインは決意した…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウィルキンソン,リー
イングランド中部ノッティンガム生まれ。学校を卒業後、水着モデルなどいくつかの仕事を経験する。二十二歳で結婚。短編や雑誌の連載小説から執筆活動を始めた。現在、ダービーシャーの村にある由緒あるコテージに住んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

愛の足かせ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
アントニアは幼いころからフィリップとの結婚を夢みていた。それなのに、のほほんと年月を重ね、気がつくと二十四歳になっていた。大変!ぐずぐずしてはいられないわ。幸い、フィリップにはまだ結婚を約束した相手はいないらしい。ここで私が彼の花嫁にふさわしいレディで、男爵の妻としても立派にやっていけると証明できたなら、求婚してくれるかもしれない。かくして二人は八年ぶりに再会したのだが、彼はアントニアのことをなかなか思い出してくれず…。

内容(「MARC」データベースより)
アントニアは幼い頃からフィリップとの結婚を夢見ていた。それなのに、のほほんと年月を重ね、気がつくと24歳になっていた。ぐずぐずしてはいられない。幸い、フィリップにはまだ結婚を約束した相手はいないらしい。

復讐は甘く (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
エミリーは愛情の薄い銀行家の家庭に育ち、二十歳を迎えた今、父親の銀行に勤める男性と結婚しようとしていた。婚約披露パーティの夜、彼女は自宅の温室で思いがけずルークと出会った。ルークは血のつながらない又従兄で、十歳の時に母親を亡くし、エミリーの家に引き取られたが、彼女の一家を露骨に憎んでいた。四年前、エミリーは彼に夢中になったが、すげなく拒絶されたのだった。彼女がルークと言い合っている時、温室に婚約者と姉が入ってきて、信じられない会話を交わした。なんとエミリーの婚約者は姉と恋仲だったのだ。「僕と付き合っていたことにして、婚約を解消すればいい」ルークは屈辱に震えるエミリーに解決策を持ちかけ、唇を寄せてきた。それが復讐の始まりだとも知らず、エミリーは彼のキスに応えていた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ローレンス,キム
イギリスの作家。ウェールズ北西部のアングルジー島の農場に住む。毎日三キロほどのジョギングでリフレッシュし、執筆のインスピレーションを得ている。夫と元気な男の子が二人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

好きでもないのに (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ジャシーは駆け出しの女優。有名になるためには手段を選ばない仲間を横目に実力で成功しようと固く決意している。けれども、ここ何カ月か仕事にありつけず、生活費を稼ぐために以前とった資格を生かして秘書のアルバイトをすることになった。紹介された仕事先は人気俳優、リー・ベネディクトのオフィス。ふつうならば、すばらしい幸運のはずだけれどジャシーにはリーに会いたくない特別の事情があった。とはいえお金も仕事もない今の状況では、選択の余地はない。あれから二年、リーはジャシーのことをおぼえているだろうか。

内容(「MARC」データベースより)
ジャシーは駆け出しの女優だが、仕事にありつけず、生活費を稼ぐために秘書のアルバイトをすることになった。紹介された仕事先は人気俳優、リー・ベネディクトのオフィス。ジャシーにはリーに会いたくない事情があるのだが…。

奔放な情熱 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
その日、婚約解消を申し入れにダンカンの屋敷を訪ねたキンバリーはそこで彼の兄ハリソンと出会った。彼は実業家として成功しているたくましく精悍な男性で一目見た瞬間にキンバリーは強烈な魅力の虜になってしまった。けれどハリソンは、キンバリーを財産目当ての軽薄な女だと罵り、手切れ金をやるから身を引け、と冷酷な言葉を投げつけた。そればかりか、怒った彼女の唇を荒々しく奪ったのだ。穏和なダンカンにはないハリソンの圧倒的な魅力が怖くなり、キンバリーはわざと悪女を演じて小切手を受け取った。だが二年後、偶然再会した二人は憎しみと情熱をぶつけ合ううちに、激しい感情の嵐にのまれ、一夜を過ごした。そして、キンバリーは妊娠してしまい…。

内容(「MARC」データベースより)
婚約解消を申し入れにダンカンの屋敷を訪ねたキンバリーは彼の兄ハリソンと出会った。一目でハリソンの強烈な魅力の虜になるが、彼は彼女を財産目当ての軽薄な女だと罵るのだった。2年後、偶然再会した2人は…。

あの幸せな日々に (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
オーストラリアとニュージーランドでの講演旅行を終え、フィレンツェの自宅に帰り着いたベン・スコルチェーゼは、郵便物の中にキャスからの手紙を見つけた。乱れた筆跡でフィレンツェに来ている、至急会いたい、とある。キャス―父が再婚相手との間にもうけた一人娘。ベンの義妹だ。だがベンの彼女への愛情は、妹に寄せるようなものではなかった。強烈に惹かれるのをどうしようもない。それはキャスも同じはず。だから彼女に近づかないようにしているのだが…。四年前にキャスは、父親のお気に入りのロジャーと結婚した。夫との間に何か持ち上がったのだろうか。

内容(「MARC」データベースより)
講演旅行を終えフィレンツェの自宅に戻ったベンは、4年前にロジャーと結婚した義妹のキャスから「至急会いたい」という手紙を受け取る。キャスに妹以上の感情を持っているベンは、彼女に近づかないようにしてきたのだが…。

ハロー!江東区!> <鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」> <千葉の印刷なら千代田印刷> <墨田区紀行> <台東紀行> <横浜関内リラクゼーションサロンDIO> <鶯谷・うぐいすだに> <高収入バイト情報> <台東クラブ> <アキバ中毒のページ> <幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク> <美容外科> <東京ぶらぶら> <電子たばこ> <GOGO!江戸川区!> <日暮里 鶯谷 上野 ニュース

ooo山手線エリア 珈琲~Coffee~ooo ちば!ちば!ちば!千葉の伝統文化。ooo 上野情報.comooo 住宅ローンのことooo 巣鴨で散策!ooo 庭いじり道/ホームセンター大好き@千葉市ooo 千葉ちゃんパパの公園散歩ooo ビジネス.コレクションooo 渋谷ぶらりooo ぎょうざ@千葉ooo おもちゃ、ホビー.コレクションooo 文の京!文京区!ooo 原宿をもっと知ってほしくて…ooo よい街、品川ooo 千葉っ子の初詣情報!!ooo 新型インフルエンザマスクooo 芸能人女子フットサルooo 鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」ooo ECO Smoker(エコスモーカー)ooo 山手線エリア~洋食屋 王道のカレー&ビーフシチュー~ooo