やっぱりクラシック

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・クラシックスのお勧めばかり集めて楽しんでみました。といっても全部ですけどね。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

傷だらけの結婚指輪 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「あなたのダークが魅力的な女性を連れ歩いてるわよ」噂好きな同僚が、さもうれしそうに話すのを聞くたび、ローラの心は後悔の念をともなってちくちくと痛んだ。十歳年上の敏腕弁護士ダークと電撃結婚して、四年を一緒に暮らした。けれど今、ローラがあまりに子供をほしがったせいで別居状態にある。“時計を巻き戻してすべてを帳消しにできるならなんでもするわ”そんな思いでいたローラに、久しぶりに会ったとき、彼は皮肉っぽい口調で告げた。自分は子供をつくれない体なのだ、と。ローラはもう一度やり直そうと懇願し…そのあげく、取り返しのつかない言葉を口にしてしまった。もう離婚の手続きをしようと決心した矢先、女性連れの彼と再会した。なんて趣味が悪い女性なの!ローラの心は激しくかき乱された。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
リー,ミランダ
オーストラリアの田舎町に生まれ育つ。全寮制の学校を出てクラシック音楽の勉強をしたのち、シドニーに移った。幸せな結婚をして三人の娘に恵まれたが、家にいて家事をこなす合間に小説を書き始める。現実にありそうな物語を、テンポのよいセクシーな描写で描くことを得意とする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

早春の出会い (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
咲き乱れる水仙、早春の陽光を浴びて輝く家々、豊かな大地の匂い。とうとうアシュドン・マグナ村にやってきたんだわ!ケリーの胸は期待と故郷に帰ったような安堵感でいっぱいになった。不慮の事故で亡くなった両親の遺品の中にあった一枚の絵葉書―それは十年前、父のまたいとこから出されたものだった。天涯孤独だと思っていたのに、私にもまだ身内がいるなんて…。矢も楯もたまらず、ケリーはカナダからイギリスへと飛んできた。葉書の住所をたよりにたどりついた石造りの豪邸、アシュドン屋敷。と、突然一人の男が現れて、ケリーの腕をつかみ叫んだ。「エレイン、どこに行ってたんだ!なぜ一言も言わずに!」。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウェントワース,サリー
イギリス生まれでずっと生まれ故郷の町に住み、そこで結構し、子供は1人。作品の構想をたててから、執筆の前にいろいろ調べるのが、書く以上に好き。したがって背景として選んだ土地へは必ず足を運び、また自動車ラリーをテーマに選べば自分も参加しないではすまない性格である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

愛ゆえの罪 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
大実業家ラファエルはどうしようもないほど自信家だ。ジョージィが彼の妹を訪ねるために来たと言っても、信じない。ラファエルが彼女の言葉を無視するのは、今回が初めてではなかった。四年前、まだ学生だったジョージィが彼とつき合っていたころもそうだった。一方的にジョージィを不道徳な人間と決めつけ、泣きながらの抗議にも耳を貸さず、ラファエルは怒りとともに彼女の人生から去っていった。苦い初恋の思い出だ。だが、そのラファエルの黒い瞳に熱く見つめられたとき、ジョージィは今でも彼に夢中なのを思い知らされた。

内容(「MARC」データベースより)
大実業家ラファエルはどうしようもないほどの自信家。ジョージィが彼の妹に会いに来たと言っても信じない。4年前とちっとも変わらない…。学生のころ彼とつき合っていたジョージィにとっては苦い初恋の相手だった。

エンジェル・キス (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ベビーシッターのテッサにまた新しい仕事の口がかかった。学校が夏休みの間、七歳の少年の世話をするという話だ。少年の父親マーク・レイランドは多忙なトラベル・ライター、母親は四年前、少年を置いて家を出ていた。その仕事を引き受けるかどうかは様子を見てから決めるつもりで先方の家を訪ねたテッサだったが、マークはほとんど強引に事を決めてしまった。常に自分の思いどおりにする男―それがマーク・レイランドだ。そんな彼のやり方に反発を覚えながらも少年の境遇を思うとテッサは同情せずにはいられなかった。

落札された夜 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ファッションショーの舞台を降りた花形モデルのリーナは、最後の仕事をするためにロールスロイスに乗りこんだ。チャリティオークションで彼女とのデートを落札した男性と、ディナーを共にする。それでリーナ・ローレンスと縁を切れる。明日からは本名のケイティ・メルデントンに戻り、念願の陶磁器デザイナーとして再出発をするのだ。だがデートの相手を見て、彼女は息をのんだ。ジェイク・グラントン。二年前に別れたきり、二度と会いたくないと思っていた男だ。かつてはジェイクを愛し、愛されていると確信していたけれど、それも、継母と彼が愛人関係にあるとわかったときまでだった。ジェイクは、なぜ大金を使ってまでわたしとの時間を手に入れたの。

内容(「MARC」データベースより)
ファッションショーの舞台を降りた花形モデルのリーナの最後の仕事は、チャリティオークションで彼女とのデートを落札した男性とディナーを共にすること。だがデートの相手を見て、彼女は息をのんだ。

オランダの休日 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
孤児院で働く心優しいルーシーは、恵まれない子供たちの世話に生きがいを感じる毎日を送っている。けれども、世界中を駆け巡る活動的な両親と華やかで充実した生活をエンジョイする姉と妹に囲まれるとなんとなく居心地の悪い思いをするのも事実だ。そんなある日、重病の子供を連れて病院に行ったルーシーは担当医のドクター・サーロウに会って、一大決心をする―“どんなことをしても私はあの人と結婚してみせる”ところが、もともと引っ込み思案の上に初めての恋とあっては、ルーシーの思いは空回りするばかり…。

内容(「MARC」データベースより)
孤児院で働くルーシーは、恵まれない子供の世話に生きがいを感じて毎日を送っている。だが、華やかな姉妹や両親にかこまれるとなんとなく居心地が悪いのも事実だ。ある日、子供を病院につれていったルーシーはドクター・サーロウに会い、一大決心をする。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

琥珀色のルーシー (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「ルーシー、助けて!マッツァルディの手から私を救って!」。三週間前、冒険と職を求めてイタリアへ旅立った妹のセリーナから、切羽詰まった声で電話がかかってきた。もともとセリーナは向こう見ずでよくトラブルを起こすタイプだが、今回はいつもと様子が違う。雇主に借りたお金が返せなくてひどい目にあわされそうだという。セリーナの身に何事か起こったら大変だわ。ルーシーは経営する小さな老人ホームを代理の人に任せて、あわただしくイタリアに飛んだ。まだ見ぬ男への激しい憎悪と一抹の不安を胸に抱えて…。

金色の甘美な時間 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
カミラの妹ケイティがギリシアへの旅先で恋に落ちたという。しかも、まだ十八なのに相手の男性の子を身ごもったと知り、カミラは姉としてほうっておくわけにはいかなくなった。両親を亡くして以来、ずっと親代わりに面倒を見てきたのだ。相手はウェイターをしているスピロという男性で、正式に結婚を申し込むためカミラに会いに来るという話だったが、約束の日に彼は空港に現れず、連絡もとだえた。思いあまった姉妹はスピロを捜してギリシアへ赴き、彼がヴィラ・アポロと呼ばれる屋敷にいるらしいことをつきとめた。その屋敷を訪ねたカミラの前に現れたのは、まさにギリシア神話のアポロのような男性だった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
クレイヴン,サラ
イングランド南西部サウス・デボン生まれ。海辺の家で本に囲まれて育った。グラマースクール卒業後は、地元のジャーナリストとして、フラワーショーから殺人事件まで、あらゆる分野の記事を手がける。ロマンス小説を書き始めたのは1975年から。サマセット在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

オランダの休日 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
孤児院で働く心優しいルーシーは、恵まれない子供たちの世話に生きがいを感じる毎日を送っている。けれども、世界中を駆け巡る活動的な両親と華やかで充実した生活をエンジョイする姉と妹に囲まれるとなんとなく居心地の悪い思いをするのも事実だ。そんなある日、重病の子供を連れて病院に行ったルーシーは担当医のドクター・サーロウに会って、一大決心をする―“どんなことをしても私はあの人と結婚してみせる”ところが、もともと引っ込み思案の上に初めての恋とあっては、ルーシーの思いは空回りするばかり…。

内容(「MARC」データベースより)
孤児院で働くルーシーは、恵まれない子供の世話に生きがいを感じて毎日を送っている。だが、華やかな姉妹や両親にかこまれるとなんとなく居心地が悪いのも事実だ。ある日、子供を病院につれていったルーシーはドクター・サーロウに会い、一大決心をする。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

すてきな暴君 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
休暇をロンドンのおばの家で過ごしていたジュリアは、一ヵ月ぶりに愛する我が家アンバーミアに戻ってきた。アンバーミアは格式の高い旧家で、彼女は屋敷とその伝統を受け継いで守っていくことに大きな誇りを抱いていた。だがジュリアを待っていたのは、父の破産という衝撃的な話だった。この屋敷も土地もすべて売り払わなければならないという。しかも買い手は、何かと評判の悪いギリシア人実業家のアレクサンドロス・コンスタンティスらしい。彼と顔を合わせた瞬間ジュリアはびっくりした。さっき私がジプシーと間違えた礼儀知らずな男じゃないの。

ハロー!江東区!> <鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」> <千葉の印刷なら千代田印刷> <墨田区紀行> <台東紀行> <横浜関内リラクゼーションサロンDIO> <鶯谷・うぐいすだに> <高収入バイト情報> <台東クラブ> <アキバ中毒のページ> <幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク> <美容外科> <東京ぶらぶら> <電子たばこ> <GOGO!江戸川区!> <日暮里 鶯谷 上野 ニュース

ooo新型インフルエンザマスクooo 中野区居住化計画ooo 千葉野菜王国ooo 千葉とんかつooo 千葉の道の駅ooo 山手線エリア~銭湯~ooo 千葉天ぷら・千葉天ooo ~山手線エリア こだわりの和菓子屋~ooo リネージュIIクロニクル インタールードooo 渋谷ぶらりooo 模型大好き!モデラー志願!!ooo ちばパラ!千葉県のイベント情報満載中!!ooo うまい米@千葉ooo ダーツ大好き@千葉ooo 千葉県の天然記念物一覧ooo リネージュIIクロニクル2ooo フード、ドリンク.コレクションooo 上野Guide~上野であそぼう~ooo ショッピング 検索ooo 風呂の事ooo